TOPフィリピン製品輸入代行サービス

フィリピン製品
輸入代行サービス

フィリピンは近年、治安が大幅に改善されて経済も順調に成長しております。
若年層の人口が多く、英語教育も整備されていますので、これからの注目のマーケットです。

  • Point
  • マニラ在住の現地スタッフが、お客様に代わってフィリピン製品をオンラインショップや店頭で購入して国際宅配便で日本までお届けします。

    当社の専門スタッフがフィリピン企業と交渉して商品を買い付けるたり、逆に日本の製品をフィリピン市場で販売するお手伝いもさせていただきます。

    個人の方のご依頼も、ショップ、業者の方のご依頼も歓迎いたします。

主なフィリピン製品のご紹介
主なフィリピン製品のご紹介

ジープニー(Jeepney)

ジープニー(Jeepney)のデコレーションはすべてカスタムデザイン。こちらも輸入代行いたします。

フィリピン庶民の交通手段、ジープニー(Jeepney)のユニークなボディ装飾。車両の輸入は難しいかもしれませんが、装飾品だけでも輸入されてみてはいかがでしょうか?

ジープニー

フィリピン製品のなかには、衣料品、楽器、木製家具などに欧米や中国製品にはないアジアンな雰囲気の商品も多いです。

  • フィリピン産葉巻
    マンゴーチョコレート
  • フィリピン産葉巻
    フィリピンの木製家具
  • フィリピン産葉巻
    フィリピン産葉巻

LAZADA

フィリピンのEコマースサイト LAZADA。独自のフィリピン製品の掲載販売は少ないようです。

LAZADA

フィリピン不動産のご紹介
フィリピン不動産のご紹介

マニラなどの大都市部では、高所得者向けの高層コンドミニアムの建設・販売が盛んに行われています。

フィリピン独特の分割購入システムで、まとまった現金の用意やローンを組まなくても、毎月比較的少額の家賃程度の金額を一定期間支払うことで購入することもできるようです。
建物の建設前から支払いをすることで完成後に購入するより安い価格で購入することができます。

将来の居住用、海外投資案件としていかがでしょうか?

  • フィリピン産葉巻
  • フィリピン産葉巻
  • フィリピン産葉巻
フィリピンの大学留学のご紹介
フィリピンの大学留学のご紹介

円安の現在、アメリカ、オーストリア、イギリス等への留学(短期語学留学、長期留学)には、かなりの学費と滞在費用の負担が必要になります。

そんな今だからこそ、日本の私立大学の学費と大差ない金額で授業料や現地滞在費が賄えるフィリピンの大学への留学を検討されてみてはいかがでしょうか?

ただ、日本の代理店を通じて紹介されるフィリピン留学(その多くはセブ島にあるようです)は、英語学習を目的とした外国人(日本人、中国人、韓国人が主な生徒さん)向けの語学留学なので、正規のフィリピンの大学でないことが多いようです。
もちろん、英語取得だけが目的ならば、このような学校に入学して24時間英語漬けの毎日を送れば、英語力の向上には少なからず効果があると思います。滞在施設(寮)も外国人向けに比較的整備されているようですので、そういった点は安心かもしれません。

そして、以下のように注意しなくてはならない点もあります。

専用施設なので滞在費用が比較的に高め。
1-2カ月程度の短期滞在でしたら便利かもしれませんが、6カ月以上の長期留学には向かないと思います。

学校や時期によっては生徒のほとんどが日本人のことも。
特に日本の旅行会社や留学仲介業者でさかんに宣伝されているセブ島の語学学校は注意が必要です。もちろん同じ日本人の他の生徒や日本語の話せる現地スタッフがいればいろいろ安心なのですが、留学に行っても必然的にほぼ100%、日本人同士で固まってしまいます。せっかく海外留学しても日本の友人とスマホで会話したり、現地の日本人と日常会話を日本語で行うのであれば、海外に滞在する意味がありません。英語の語学学習には全くの弊害です。

現地の語学学校の場合、授業は基本的に英語取得の授業のみになります。
英語以外の授業(経営学、観光学、理系科目)は受講できないので、正規の学歴にはなりません。

Southville International School affiliated with Foreign Universities (SISFU)
サウルビル インターナショナル スクール

サウスビル インターナショナル スクール(Southville International School affiliated with Foreign Universities 通称:SISFU)は、マニラ市内にある私立大学、サウスビル インターナショナル スクール アンド カレッジの姉妹校で正規の大学になります。

この大学の特徴は、2年間をフィリピンで授業を履修したあとにイギリスの提携大学に1年間留学することにより最終的にイギリスの大学での正規の学位が取得できることです。取得できる3コースは、どれも経営・ビジネス関係になります。

大学の案内書によりますと、優秀な生徒のなかには、卒業後にアメリカやイギリスの一流大学に進学する生徒もいるようです。

日本のある私立高校と語学留学の提携があるようですが、日本人の生徒さんは、まだほとんど見かけません。
また将来、サウスビル インターナショナル スクール アンド カレッジに転校してビジネス以外の理系コースの道に進むこともできます。

  • SISFU
  • SISFU
  • SISFU

学費はフィリピンでは決して安くない学校ですので、生徒はフィリピンの高額所得者層、モデルや芸能人が多く入学している学校のようです。規模は小さいですが、校舎や施設もエアコン完備で日本の学校と大差ない感じです。

フィリピンと日本では学校制度が異なりますが、日本の3年制高校卒業ならば、最短で2年間フィリピンで単位を取得し、最後の1年間をイギリスの大学 DE MOTOFORT UNIVERSITY で学んで学位(College Degree)を取得できるようです。

フィリピンでも通常の大学は4年間学ぶ必要がありますが、この大学は1年間で学ぶ単位が多いので3年間で卒業できますので、その分、学費や滞在費が節約できるようです。

ただし大学は単位制なので試験に合格して必要な単位を取得しないと先には進めませんので、大学レベルの英語力がない日本人が3年間で卒業するのはハードルが高いかもしれません。

在学中は徒歩圏内の近隣の学生寮に入寮することになります。大学は警備員が常駐している高級住宅街の中にありますので、治安は非常にいいです。

  • SISFU
    校舎
  • SISFU
    教室
  • SISFU
    近隣の学生寮

これとは別コースに、Culinary Programという調理師養成コースがあります。

これは3カ月から2年間の学習で、アメリカやオーストラリアのホテルやレストランで料理人として働けるようになれる資格を取得するプログラムです。フィリピン人の生徒さんを対象としていると思いますが、日本人の方も、将来ワーキングホリデービザでカナダやイタリアやオーストラリアで働くことを目指す方には英語力の取得と同時に技術も習得できますので、興味深い内容だと思います。

  • SISFU
  • SISFU
  • SISFU

最後にアドバイスをさせていただくとするならば、もし将来は英語力の活かした国際的な職業や学業に従事したいと考えるのであれば、入学手続き等も安易に日本の代理店に依頼するのではなく、現地の行きたい大学や語学学校に自分で直接連絡して申し込むくらいの意気込みも必要なのかもしれません。

現地スタッフの紹介
現地スタッフの紹介
  • 現地スタッフ
    現地スタッフ
  • 現地事務所
    マニラ郊外の現地事務所

フィリピンは近年、治安が大幅に改善されて経済も順調に成長しております。若年層の人口が多く、英語教育も整備されていますので、これからの注目のマーケットです。

マニラ在住の現地スタッフが、お客様に代わってフィリピン製品をオンラインショップや店頭で購入して、国際宅配便で日本までお届けします。当社の専門スタッフがフィリピン企業と交渉して商品を買い付けたり、逆に日本の製品をフィリピン市場で販売するお手伝いもさせていただきます。

個人の方のご依頼も、ショップ、業者の方のご依頼も歓迎いたします。

ご利用方法について
ご利用方法について

輸入代行のご依頼はメール一本で簡単!無料見積。会員登録も不要です!

日本(神奈川県川崎市)にある会社ですので、不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。メールでの説明が難しい場合は、お電話でもお気軽にお問い合わせください。お近くにお住いの方は、弊社事務所でのご相談も歓迎いたします。(要事前予約)

見積もりの結果、ご利用いただかなくても、こちらから確認のメールやお電話はいたしません。

ご依頼の内容、商品名、数量、ショップ名、ホームページアドレス、商品写真などの情報をできるだけ詳しく電子メール等で教えて下さい。弊社にて輸入代行の可否、費用、納期などを調査させていただき、お客様に回答させていただきます。

常時、複数の方からのご依頼をお受けしております!!

スムーズな対応の為、お問い合わせはなるべく『お問い合わせフォーム』からか、ファックス(044-944-6990)にてお願いします。
もちろん、お電話(044-944-6990)での問い合わせも大歓迎です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

ご利用料金について
ご利用料金について

お問い合わせやお見積りは、基本的に無料です。

但し、商品内容等の売り主への事前の問い合わせや交渉が必要な場合は、若干の調査手数料が必要になる場合がございます。

また現地のショップ等へ、現地スタッフが直接出向いて調査、購入をする場合には、別途、出張費用・交通費が必要になります。

輸入代行手数料
輸入代行手数料
商品金額代行手数料(税別)
2万円以下¥5,000
20,001~50,000円商品額の25%(最大10,000円)
50,001~100,000円商品額の20%(最大15,000円)
100,001円以上商品額の15%

※上記の手数料の他に、現地転送手数料、梱包費用、現地送料、国際送料、日本の輸入関税及び消費税の支払いが必要になります。

国際送料(航空便)の目安
国際送料(航空便)の目安

国際送料は、製品重量(kg)ではなく、

容積重量(kg)= 製品梱包サイズ(たてcm x よこcm x 高さcm) ÷ 5000

製品梱包実重量(kg)

上記の①か②のどちらか重い方を採用します。

※3辺160cmを超える大型商品や、50kgを超える重量物には追加料金が加算されます。詳しくはお問合せください。

下記の国際送料は、諸般の事情により予告なく変動することがございます。あくまで目安としてご覧ください。

容積重量(kg)
(容積重量換算)
料金
1kgまで約 6,000円
2kgまで約 9,000円
5kgまで約 13,300円
10kgまで約 16,400円
15kgまで約 21,300円
20kgまで約 25,600円
30kgまで約 32,430円
40kgまで約 41,160円
50kgまで約 54,380円
(2023年10月時点)/日本国内配送料別/消費税別